精神症状・心の病・精神身体症状

概要
精神がまいっている、症状がつらいときの相談。

心の病・精神神経症状
  ◇適応障害 ◇過剰適応障害 ◇解離障害
  ◇抑うつ症 ◇躁うつ病 ◇鬱病
  ◇神経症 ◇不安症 ◇強迫症 ◇摂食障害 ◇パニック障害
  ◇対人恐怖・視線恐怖 ◇醜形・視線恐怖
  ◇統合失調症 ◇幻聴

行動症状
  ◇行動化(衝動的行動) ◇自罰行動・自傷行為 ◇性化行動 ◇退行

精神身体症状(心身症状)
  ◇ぜんそく・神経性咳嗽 ◇空咳(からせき) ◇麻痺
  ◇しびれ ◇睡眠障害 ◇疲労症状 ◇下痢・便秘 ◇月経困難
  ◇身体表現性障害 ◇ヒステリー ◇心身症


治し方

心理療法
本人の性質、発達、状態に合わせて治していきます。
まず「心の状態や精神状態」を説明します。そして病の成り立ち、心の働きと仕組み、どのような変化を経て治っていくのか過程を説明します。

 ◇ 心理療法(サイコセラピー)の説明


方針

意味
症状には役割や意味があります。それを理解していただきます。

病名について
病名は、便宜上および概念上、人の状態を理解しやすくするため、また他人に説明しやすくするために存在するものです。病名にとらわれないことが大切です。